手相学を通じて見えた世界、得た学びや知識や感動を気まぐれに伝える手相家のブログ

このろぐ

日常 運命学

令和はどんな時代になる?

2019年5月1日

はじめましての方ははじめまして。

お久しぶりの方はお久しぶりです。

このはです。

1年半(以上?)ぶりのブログ、作りました!

ただいま~!

はじめましての方、今は簡単に自己紹介しますね。

 

手相学を使って個人のコンサルティングをしています、このはと申します。

noteでは「手相家このは」、Twitterでは「このは」と名乗っています。

手相学や様々な経験から学んだ事を中心にブログを更新していきますので、良かったら継続してご覧ください。

もっと詳しいプロフィールはこちら

 

さて、本題です。

令和はどんな時代になる? 訂正します。

令和はどんな時代にしたい?

 

そもそも令和ってどんな意味を持っているのでしょうか。

インターネットでは様々な解説や意見がありますが、

私は日本(日本人)の良い所・良い文化が益々磨かれ栄えるような印象を持ちました。

 

「令」という漢字は神様に祈りを捧げる人がモデルとなってできた漢字だそうで、

「澄み切った」など、凛としたイメージ。

また、零(れい・ぜろ)にもあるように、見えないものなどを想像させます。

「和」は「和する」など、包み込んだり繋げたり、うまく調和するイメージで日本的な印象を受けます。

 

目に見えない日本(日本人)の精神を、色んな思想や文化と上手く合わせて、どんどん磨き上げる時代になる

・・・ではなく!

「令和はそんな時代だったなぁ」と思えるよう、それぞれが自ら努めていけるような、活気のある時代の流れのように思いました。

 

新しい時代に良い印象を持っていらっしゃる方も多いと思います。

みなさんはどのような時代にしたいでしょうか?

 

時代の流れというものはなかなかに逆らいにくく、どうしても影響を受けてしまいます。

時代の流れにうまく乗って(流行に乗るという意味ではありませんよ(笑))読者の皆さんがそれぞれ自分の才能を活かし、

役目を全うして、令和の時代を充実させる手助けとなるような記事を心掛けますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

今回は簡単になってしまいましたが、次回からは手相学についても少しずつ書いていこうと思います。

記事のリクエストなどあれば、お問い合わせフォームからリクエストなさってください。

令和初日の記事は以上です。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

【このは】

Sponsored Link

Sponsored Link

-日常, 運命学
-, ,

Copyright© このろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.