手相学を通じて見えた世界、得た学びや知識や感動を気まぐれに伝える手相家のブログ

このろぐ

恋愛・婚活 手相学 日常

【魅力を活かす】モテ線・エロ線と金星帯 【手相学】

2019年5月8日

こんにちは、このはです。

恋愛婚活でお悩みの場合に『気になる線』上位にランクインする相があります。

メディアでは『モテ線』や『エロ線』と言われていますが、今回はこのモテ線についてお話ししたいと思います。

 

モテ線の正体は『金星帯』

モテ線やエロ線といいますが、ちゃんと金星帯という名前がついています。

図のように、人差し指と中指の間から、薬指と小指の間を中指と薬指を囲むようにして出ている線です。

 

この線を持っている人は少ない

一本綺麗に繋がった線を持っている人はとても少ないです。

よく見かけるのは、図のように間が切れていたり、切れ切れだったりする線です。

どちらも金星帯には違いなく、一本線のものよりも意味が薄まっていると考えてください。

基本的に、線の濃さ・太さ・勢いは、その線の意味の強さを表しています。

 

『モテ線』と『エロ線』

モテ線やエロ線という表現は間違ってはいないですし、そういう側面から見たら、そのとおりです。

多分、興味を引きやすい表現だから使っているんだろうな~と思います。

その呼び方に対して反対派ではないのですが、文字だけ読むと外面的要素が強い印象なので・・・

そうではないよ!というのはしっかり伝えておきたいですね。

 

内面から溢れる魅力を表す線

金星帯とは精神的な意味合いが強い線です。

本当にモテる人というのはとっても魅力的です。

魅力とは、外見的な事だけではなくて、会話での言葉の選び方から、服や小物、はたまた友人を選ぶセンス・・・

知識や思考など、多岐に渡ります。


磨いてきたセンス・考え方が魅力として外にしっかり出ていますよって事です。

 

金星帯が無いと魅力がないの?

そんなわけありません!

金星帯を持っている人は、魅力がわかりやすくあらわれている、自分の強みを表現するのが上手な人が多いんです。

じゃあ金星帯が無い人は上手に表現できていないんか?っていうとそういうわけでもないんです。

 

パッと見た時にわかりやすい魅力よりも、他に重きを置いている場合、

たとえば、勤勉さや誠実さってパッと見て少し話しただけでは、そこまでわからないものです。

人によっては見た目から誠実さや勤勉さを察する事が難しい場合だってあります。

そういうものに魅力を感じるという人は、自分自身も金星帯が出ていない場合が多いです。

 

ちなみに金星帯って、とても繊細でその日によって薄かったり濃かったりがわかりやすいんです。

私の分析では男女共に、美容院に行った後がくっきり見えやすかったですよ。

なんとなく納得です。

 

金星帯をキープするポイント

上に書いた通り、金星帯って繊細で変わりやすいです。

キープするにはズバリ、肌を綺麗に保つ事。

金星帯を持ってる方って、年齢性別問わず、身なりに気を使う方が非常に多いんです。

 

流行を追って着飾れ、おしゃれをしろ!と言っているのではなくて、

肌を綺麗に保つ為に野菜などで栄養をとったり、髪や肌が乾燥しないように保湿を心掛けてみるとか。

ちょっとだけ眉毛の形やメイクを変えてみたり・・・

肌を綺麗に保つという行動は、「自分が周り与える印象(影響)に気を使う」という事です。

おしゃれは自分の為にしたら良いものですが、身だしなみは他者の為です。

他者への心配りの為に自分に手間をかけると、金星帯(魅力)は安定しやすいんです。

 

超余談ですが、スキンケアで一番おススメしているのはココナッツオイルですので、是非お試しください。

 

 

『魅力』という視点で金星帯のお話をしましたが、美容などに関してはまた別の記事を書きたいと思います。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

【このは】

Sponsored Link

Sponsored Link

-恋愛・婚活, 手相学, 日常
-, , ,

Copyright© このろぐ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.