手相学を通じて見えた世界、得た学びや知識や感動を気まぐれに伝える手相家のブログ

このろぐ

悩み 日常

習慣化が得意な人がハマる『罠』にご注意

2019年7月31日

こんにちは、このはです。

以前、習慣化に関する記事を書きました。

まだ読んでいないよという方はこちらをどうぞ↓

正直、私は習慣を作る自信があり、得意だと思っています。

今回はそんな私が失敗したな~、気をつけないとな、と実感した事について共有しようと思います。

 

【罠①】習慣化してこなかった過去に対して後悔してしまう

誰だって、習慣化したい・習慣化できたらな~と思う事はたくさんあります。

ですが、人間である以上、一定数以上同時に習慣化はできません。

確かに早めに取りかかって長く続けた分だけ、何に対しても効果はありますし上達もして身に付きます。

習慣化の重要性を知っているし、早く始めた方が良い事もわかっているからこそ、「〇〇もあの時から毎日やっておけば今頃もっと上達していたのにな~、勿体なかったな~」とか、思ってしまうんですよね。

この「後悔」が何故罠かというと、習慣化の大敵である無駄な思考にエネルギーを使ってしまうからです。

(エネルギーについては是非上記のリンクにある記事を読んでください)

過ぎ去ってしまった事はどうにもできませんし、習慣化できなかった過去に対して長々と悩む人も少ないとは思います。

ですが、悩んで後悔している時間に関わらずエネルギーは確実に消耗しています。

習慣化が得意な自覚があって習慣化の旨味を知っている分だけ「取りこぼした過去」を振り返って気にしてしまうんですね。

実際に私も「あ~あ…勿体なかったな…あれもこれも同時進行しておけばよかった…」と振り返って考えても仕方ない事でがっかりしたりました。

反省点でもありますが、この経験があった事で今は確実に習慣作りが上達したので気づけて良かったです。

 

【罠②】不要になった習慣を惰性で継続してしまう

これって結構盲点だと思うんですが、過去、今まで身に付けた習慣の中で現在は不要な習慣とがいつかは出てくるものです。

私の場合は英語の勉強がそれに該当します。

過去、英語学習に力を入れていた時期があり、英単語だったり、ヒアリングだったり何らかの勉強を毎日していたんです。

習慣化されていたし、もちろん英語が理解できるに越した事はないのですが、現在のお仕事をするに当たり、「英語って不要だよな…すぐに必要なものではないよな…それよりもっと手相学や運命学、世のしくみについて学んだ方が仕事に役立つよな…」と思いました。

ちょっと迷ったんですよね、【罠①】の後悔(の先読み)が邪魔してくるんです。

このまま英語学習を続けていたら〇〇年後には…という思考ですね。

ですが、すぐは不要だという事、顧客が日本人ばかりであった事もあり、思い切ってやめました。

それからは英語の勉強時間を他の勉強に充てました。

英語が必要になったらまたそこから勉強するなりプロに通訳や翻訳を依頼したら良いだけの事なので。

日々使えるエネルギーを限られているので、もし、もっと優先するべき習慣があるなら、今不要だなと思う習慣は一度やめてみる勇気も必要だと思います。

 

勿体ないという執着が身を重くする

【罠①】も【罠②】も、結局のところ執着なんですよね。

まぁ、罠というより私が失敗したってだけの話なんですが(笑)

 

  • あの時から続けていれば…という過去への後悔
  • 折角身に付けたものを捨てる事が出来ない

どちらも「勿体ない」という執着です。

思い切って捨ててみるとびっくりするくらいスルスル新しい習慣が身に付きます。

執着という重りは捨ててどんどん良いと思う事にチャレンジしてみるのがおすすめです。

 

それでは今日はこの辺で。

読んでいただき、ありがとうございます。

【このは】

Sponsored Link

Sponsored Link

-悩み, 日常
-

Copyright© このろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.