手相学を通じて見えた世界、得た学びや知識や感動を気まぐれに伝える手相家のブログ

このろぐ

マインド 悩み 日常

習慣づくりにモチベーションは必要なのか?

こんにちは、このはです。
ここ数日、習慣づくりについてお話ししてきました。

今回は、だいたいいつでも悩みの筆頭、モチベーションについてお話ししようと思います。

 

習慣作りでのモチベ、実際どうだったの?

私は3つ同時に習慣づくりに成功したと書きました。

習慣づくりを始めた時は正直、
「こんなにたくさん同時に出来るのだろうか…」
「ちゃんと続けられるかな…」
という、よくある感じです。 

では何故続けられたのでしょうか。

ポイントは「元々負担が少ない分野だった事」と「エネルギー配分を考えた」事ですが、実はもう1つあります。

「自分が習慣化できるか研究していたから」

そうなんです。

自分が安定して習慣を作る事ができるかどうかの研究対象でした。

ようするに、習慣化に対する興味ですね。

そしてこれが上手くいったらブログにまとめようと思っていました。

 

私はもともと、とんでもなく飽き性です。

習い事なんて続いた事ほぼありませんでした。

自信なんて無くなっていく一方だし、セルフイメージだだ下がりです。

そして同じように悩んでる人って結構多いんですよね。

私がちゃんと習慣化できたら、その過程をまとめてブログに書けば同じように飽き性で悩む人の役に立つんじゃないかな〜なんて思っていました。

  

だがしかし!

必ず成し遂げようと確固たる信念を持っていたわけではない事をここに明記します(笑)

世で言うところのやるべき理由(動機)がそこまでではない状態です。

いくら研究していたから〜といっても、別に失敗してもいいやという軽い気持ちでした。

 

何故この人生なめきった考えで上手くいったか…ここはシンプルに、エネルギー配分のおかげだと思います。

  

モチベーションはエネルギーの一部

モチベーションとは「動機付け」や「やる気」の事ですが、今までの習慣化の話の中ではエネルギーに該当します。

正確には「エネルギーの一部」です。

エネルギーの中には元気・興味・お金・時間・環境・運などなど…

いろんな種類のものがあってトータルでエネルギーです。

つまり、やる気はエネルギーなので興味などの他のエネルギーを使う事ができるという(考え方を採用する)事です。

  

何事もバランス

「やる気(モチベーション)」というエネルギーが少なくても、元気や興味などのエネルギー配分が高ければ習慣化は可能だと思いますし、実際私はそうでした。

図で表すとこんな感じです↓

習慣化に使えるエネルギー10%を全体とした場合、やる気自体が少なくても興味や健康状態、環境が多くあるならそのまま習慣化につかうエネルギーとして使う事ができます。

ポイントはエネルギー「全体」で考えて配分するという点です。

習慣づくりが上手く行かない場合は「モチベーションという名の亡霊」に振り回されているのかもしれませんね。

モチベーションて確かに大事です。

元気だからやる気が出るのだし、

興味があるからやる気があるのだし、

環境が整っているから取り組む気になるのですが、

これって卵が先か鶏が先かって感じで答え出ないと思うんですよ。

だから「モチベーション」というものにこだわり続けるのは少し視野が狭いかな、とも思います。

 

色々書きましたが結局は、

モチベーションが無いと行動できないと思い込んでしまっている状態から早々に脱出した方がいいという事です。

皆さんご存知の通り、思い込みってすごい強制力があります。

どうせなら「モチベなんかなくても習慣作りは余裕!」と思い込んでみてはいかかがでしょう(笑)

 

それでは今日はこの辺で。

読んでいただき、ありがとうございました。

【このは】

Sponsored Link

Sponsored Link

-マインド, 悩み, 日常
-, ,

Copyright© このろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.