手相学を通じて見えた世界、得た学びや知識や感動を気まぐれに伝える手相家のブログ

このろぐ

健康 日常

ココナッツオイルおすすめの使い方【冬編】

2020年1月16日

こんにちは、このはです。

以前、夏におすすめのココナッツオイルの使い方をご紹介しました。

ココナッツオイルおすすめの使い方【夏編】

こんにちは、このはです。 ココナッツオイルの記事が好評いただいておりまして、ありがとうございます。 嬉しいです! ココナッツオイルは私の永遠の相棒といっても過言ではないほど愛しています。 ココナッツオ ...

続きを見る

今回は、冬はこう使っているよ!

という、寒い時におすすめの使い方をご紹介します。

 

お風呂あがりに肘やかかとに塗る

もちろん、全身に塗ってOKです。

液体になっている夏はオイルとして使いやすくても、

冬は基本的に固形です。

 

なので、ちょっと面倒だな~と思っているなら是非!

固形の形を活かして、

少なめに手に取って・・・

肘やかかとなど、皮膚が固くなっている箇所や乾燥が酷い場所に、くるくるしながら塗ってみてください。

 

入浴後なのであっという間にスルスルと液体になって肌になじみます。

マッサージというほどでもないですが、気持ちマッサージ的な、 

ゆる~いマッサージだと思って、気軽に使っていただきたいです。

 

我が家は脱衣所が寒いので(笑)

入浴前に小皿にスプーン一杯分くらいを用意しておき、

入浴後にすぐに『ゆるマッサージ』できるようにしています。

 

特にかかとの割れに悩んでいる方!

ささくれやひび割れ、アカギレに塗ると炎症を抑えて早く治してくれるようです。

 

アトピーで割れてしまった時もココナッツオイルは大活躍で、

皮膚が柔らかくなったお風呂上りに素早く塗っていました。

 

お湯に触れた後は皮膚が乾燥しやすいので、乾燥肌の人やアトピーの方は特に冬の入浴後のケアが大事です。

ココナッツオイルが抵抗あるなら、市販のお肌に優しい化粧水などで皮膚を保護してあげてくださいね。

 

お湯に入れて飲む

朝一番に体に入れると良いとされているものは、夏でも冬でも『お白湯』らしいですね。

私も毎日朝と寝る前にお白湯を飲んでいますが、

日中はお湯(お白湯よりあったかい温度)に、

ココナッツオイルをスプーン一杯溶かして飲んでいます。

 

お湯にオイル?!

 

と、驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、

ほんのりあまくて、おやつの時間のコーヒー代わりになります。

 

もちろん、ブラックコーヒーにココナッツオイルを入れても美味しいですよ!

お腹も満たされるし、肌も綺麗になるし、

なんだか元気が出るしで、良い事づくめです!

 

フルーツを焼く

りんごやバナナ、美味しいけど、冬は冷たくて食べづらい・・・

フルーツは好きだけどお腹が冷えるのは困る・・・

そんなアナタ!

ご心配なく!

 

りんごやバナナはココナッツオイルで焼いて食べると、

めちゃくちゃおいしいんです!!

 

そしてもちろん、あったかい(冷めても美味しい)んです!

やった事無い方は是非!

 

「りんごを焼いて食べるなんてもったいない!」と言い張っていた姪たちが、

「美味しい!」とあっという間に食べてしまうくらい、大好評でした(笑)

 

直接肌に塗ったりするのに抵抗がある方は、食べ物や飲み物として体内に取り入れると良いと思います(*^-^*)

 

ココナッツオイルは冬も最強

  • 冬は固形の形を活かして、ゆるマッサージ(もちろん、髪や全身にも使えます)
  • ひび割れ、ささくれのケアに
  • お湯やコーヒーに入れる
  • ココナッツオイルでフルーツを焼く

愛用のココナッツオイルはこちら↓

使い方は色々ありますが、私がこれは冬におすすめ!と思った使い方のご紹介でした。

寒い冬も、ココナッツオイルで『ほっこり』していただけたらと思います(*^-^*)

 

それでは本日はこの辺で。

読んでいただき、ありがとうございます。

【このは】

Sponsored Link

Sponsored Link

-健康, 日常
-, ,

Copyright© このろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.