手相学を通じて見えた世界、得た学びや知識や感動を気まぐれに伝える手相家のブログ

このろぐ

手相学

知能線の長さから観る読書タイプ【手相学】

こんにちは、このはです。

みなさん読書はお好きでしょうか。

私は本が大好きです。電子媒体も読みますが紙の方が好きですね。

タイトルに書いた「知能線の長さから観る読書タイプ」というのは、私が勝手に思っているだけであって統計があるわけではありません。

ですが、あながち間違いではないと思うので今回は知能線と読書についてお話したいと思います。

 

知能線とは

頭脳線とも言いますがこのブログでは知能線で統一します。

知能線は図のように手のひらの真ん中を横切るようにして伸びる線です。

線は長さや太さや伸びる方向などで意味が違ってきますが、今回は長さにのみ焦点を当ててお話したいと思います。

 

線の長さは考えている時間の長さ

線が長ければ長いほどたくさん考えます。

ちなみに、枝分かれしている線・途切れ途切れの線・線が二本以上ある場合はトータルの長さで観ます。

【知能線が短い】

あまり考えない、もしくは考えるのが苦手なタイプが多くその分行動に移すのが早くなる傾向があります。習うより慣れろという印象。

【知能線が長い】

長時間考える、もしくは考えるのが好きなタイプが多くその分行動が遅くなる傾向があります。慎重派が多い印象。

※考えの深さや的確さは含まれていません。

 

知能線と読書傾向

読書傾向というのは私の印象でしかないのですが、

【知能線が長い】

行動派が多いので本を読むとしたら重要な所や興味のある個所をパッと読んですぐに行動(アウトプット)に移ります。行動しながら頭の中を整頓するという印象です。

起業家やフリーランスの方に多かったです。

【知能線が長い】

慎重派で長時間考えるのが苦にならないという方が多く、本はじっくり、最初のページから順番に読んで頭の中で読んだ事を整頓してから行動する印象です。

先生と呼ばれるお仕事の方や小説などの創作好きな方が多かったです。

 

知能線が長い人は読書好きが多かった

読書好きだから良いとか悪いとかそういう事ではなく、何から学びやインスピレーションを得るケースが多いのかと考えた時、知能線が長い人は読書からというケースが多かったというお話です。

ちなみに知能線が短い人は人との会話や自分の失敗から学ぶのがとても上手でした。

 

本来は長短だけで観るものではない

今回は長さにだけ焦点を当てましたが、実際は線の出発点や終点によって相当違ってきます。

線が長い人は行動が遅くなる傾向がある等書きましたが、行動力が無いと言っているわけではないのでご了承くださいね。

今回は知能線の長さ別読書タイプはこんな印象だったよ~というお話でした。

  

ちなみに私は元々短い知能線が長く伸びたタイプで読書好きです。

今後はおすすめ書籍などの紹介もしていけたらな~と思います。

読んでいただき、ありがとうございました。

【このは】

Sponsored Link

Sponsored Link

-手相学
-, ,

Copyright© このろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.