手相学を通じて見えた世界、得た学びや知識や感動を気まぐれに伝える手相家のブログ

このろぐ

健康 悩み 手相学

【兵法】対・アトピー性皮膚炎【おまけ】手相篇

2019年7月3日

こんにちは、このはです。

アトピーのケア戦略について、体の外側・内側・心についてお話してきました。

今更ですがかっこつけてタイトルに兵法とか戦略とか書きましたが全然そんな事なかったですね、すみません。

今回はおまけとして、アトピーになりやすい手相についてお話しようと思います。

 

アトピーになりやすい手相ってあるの?

アトピーの原因がストレスや腸内環境が原因だとした場合、それに対応する手相というものがありますので、それをあると判断するのならあります。

手の相は脳と関係があるとお話してきましたが、手というものはもちろん、脳だけでなく他の部位にも繋がっています。

全身が繋がっているので関係ない部位は無いと考えるのが自然ですよね。

今からご紹介するのはアトピーの症状を持つ方はこんな線を持っている場合が多いというだけなので、この線があるからアトピーになるという事ではありません。

同じ手相の場合でもアトピーを患っていない方もたくさんいますので、おまけの読み物としてお楽しみください。

 

土星丘と月丘の血色が悪い

手のひらには土星丘という場所があります。

ここは堅実・勤勉・研究心など、真面目でコツコツという意味を持つ場所なのですが、循環器系の健康を表す場所でもあります。

また、月丘芸術や理想などの意味を持つ場所ですが、神経の健康を意味する場所でもあります。

この二つの場所の血色が悪くなるという事は、血の巡りが良くない、神経が乱れやすく免疫力が低くなっている状態で皮膚炎になりやすい、もしくは症状が出ているというケースが多いです。

また、図のオレンジ色の部分は太陽丘と言い、人気や財を意味する場所ですが、感覚器官などの健康状態が表れる場所とされています。

そして土星丘と太陽丘を繋ぐ線を金星帯と言います。

 

金星帯があると皮膚炎になりやすい?

以前ブログで金星帯について書いた時は魅力を表す線として紹介しました。

金星帯を持つ人はセンスが良く内面から魅力があふれている人ですが、そういった方は同時に非常にデリケートだったりこだわりが強かったり変化に敏感だったりします。

ストレスが溜まりやすいという側面もあるんです。

人から好かれるのが基本なので、少しそっけない態度をとられると不安になってしまうんですね。

大人になれば、気にする事ない、他にも相手がいるし~など色々と対応できるようになってきますが、子供の頃はそこまで気が回らなくてやっぱり不安や心配をかかえてしまうんです。

そういう意味ではアトピーになりやすいのかなぁと思います。

ちなみに金星帯を持つ人は肌荒れを起こしやすい人も多いのでスキンケアがおススメです。

 

私はお医者さんではないので、絶対にそう!とは言える立場ではありませんが、世の中には医者兼手相家という方もいらっしゃいます(すごい!)

その中の1人、樫尾太郎先生という方の本を教科書の1つとして勉強の日々です。

残念ながら樫尾先生は平成8年にご逝去され新たな本は出版されていないのですが、手相から観る健康が気になる方や手相家を目指す方は一冊持っていても良いかもしれません。

 

それでは本日はこの辺で。

読んでいただき、ありがとうございます。

【このは】

Sponsored Link

Sponsored Link

-健康, 悩み, 手相学
-, , ,

Copyright© このろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.