手相学を通じて見えた世界、得た学びや知識や感動を気まぐれに伝える手相家のブログ

このろぐ

手相学

2020年はどんな年になるの?手相学的開運法をお伝えします【前編】

2020年1月2日

あけましておめでとうございます。

このはです。

2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、お正月、皆様いかがお過ごしでしょうか?

お仕事でなかなか一息付けない方も、

ゆっくりお過ごしの方も、

みんな元気になるような2020年初記事を書いていきたいと思います!

 

2020年は『庚子(かのえね・かのね)』

2020年は庚の子年となります。

干支って12種類のイメージですが、実は60種類もあるんです!

そのうちの庚子とはどんな年なのでしょうか?

 

【庚の意味とは?】

まず『庚』ですが、こちらは金属を意味しています。

金?金属?

これだけ聞くとよくわかりませんね(笑)

 

金属でできているものは何があるでしょうか?

たとえば、電化製品、PC、スマホ・タブレット、お金、刃物、等々・・・

じゃあ金属を身に付けたらいいの?というと、そういうわけでもないんですね。

 

なぜなら、『金(きん)』は「何かと何かを繋ぐもの」という意味を持つからです。

 

例えば電波を受信したり、人や物との関係を繋いだり、包丁を使えば食材と人を繋ぐことができます。

武器とかって人を繋ぐの??とも思ってしまいますが、

宝剣・宝刀など武器を繁栄や感謝の証として受け渡したりもします。

PCやスマホで新しい情報と繋がったり、人と連絡をとったりします。

 

『庚』のポイントは何かを繋ぐもの、つまり『アンテナや媒体』となります。

 

【子の意味とは?】

続いて『子(ね)』ですが、こちらは十二支の一番最初、スタートを受け持つ干支です。

 

12年のサイクルが2019年で終わり、今年はスタートを切る年です。

スタートとは、元となるもの、原点。

『種(たね)』と考えてもらったらわかりやすいかもしれません。

 

個人で言うならば、自分がこれから育てたいもの・育つもの・・・

つまり『才能』を指しています。

何か一つでいいので、新しい才能、温めてきた才能・スキルを伸ばしていくと結果が出やすくなる運気です。

 

『庚』と『子』のポイントを二つ合わせると、

2020年は、受信力を高めて才能を伸ばす事で、未来の良い成果に結びつけやすい年となります。

 

ポイント

・『庚』は金属=繋ぐ役割のもの、アンテナや媒体

・『子』は原点、一番始まり、元となるもの、才能

・2020年のキーポイントは『アンテナの受信力を高めて才能を伸ばす事』

2020年の手相学的開運アドバイス

さて、『庚子』の全体のポイントをざっくりご紹介しましたが、ここからが本題です。

手相学的には、どんな事に注意したら2020年の波に上手に乗る事ができるのか?という点でお話をしていきます。

 

先にポイントをお伝えしておきます↓

ポイント

①指先を気にかけて清潔を保つ

②才能を磨く

 

【①指先を気にかけて清潔を保つ】

まずはこちらのイラストをごらんください↓

手のひらのなかの丸く塗ってある部分は 『丘(おか)』といいます 。

詳しい説明は省きますが、ここには資源が蓄えてある場所と考えてください。

『運の貯蔵庫』みたいなものです。

ここには場所に対応して色んな情報(運気・エネルギー等)が蓄えられます。

 

ですが、運やエネルギーを使えば使うほど、貯蔵量は減ってしまいますよね。

それを供給するのがアンテナの役割です。

手の場合、そのアンテナの役割を指が担ってくれています。

 

例えば、金運のエネルギーは小指下の貯蔵庫に蓄えられるのですが、

小指の爪が汚かったりすると金運に関する運や情報が絶対にキャッチできない!

・・・とかではなくて。

キャッチできる情報の質が違ってくるという意味です。

 

指が汚い・爪が割れている・ささくれが出来ている・怪我をしている等々・・・

これはアンテナの受信力を弱めてしまいます。

実際のアンテナも、不要なものが引っ付いていたり、折れたりしていると受信に差がでますよね。

それと同じで指も常に綺麗に保つと得られる運の質が変わってきます。

 

実際のアンテナと違って、自分で簡単にお手入れできる場所なので、

是非とも、手洗いやクリームでの保湿をして清潔・健康を心掛けてみてください。

 

【②才能を磨く】

どんなニッチなことでも構いません。

『これだけは絶対に誰にも負けない!』というくらいの意志を持って、

才能を伸ばしたい事に取り組む。

スキルを磨く。

 

「まって、自分の才能分かりません!」

「自分がどんな才能を持っているのか、だいたいの方向性のヒントが欲しい!」

という声がきこえてきそうです。

 

後編では「自分の才能の見つけ方と育て方」について触れていきますので、是非読んでいただけたらと思います。

2020年はどんな年になるの?手相学的開運法をお伝えします【後編】

こんにちは、このはです。 前回は2020年がどんな運気が巡る年なのか?という事と、手相学から見た注目した方が良い点をお伝えしました。   2020年のポイントとしてはこんなかんじです↓ ポイント ・『 ...

続きを見る

 

それでは本日はこの辺で。

読んで頂き、ありがとうございます。

【このは】

Sponsored Link

Sponsored Link

-手相学
-, , ,

Copyright© このろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.